【用語解説】上り框(あがりかまち)とは

用語解説

上り框

『あ行』簡単便利!わかりやすい『50音順・用語解説集』

上り框(あがりかまち)とは

上り框とは、主に玄関の上がり口で、玄関ホール等の床との段差部に水平に渡した横木をいいます。

廊下や玄関の床材を切り落とした際の切断面を隠すことや、床材のささくれを防ぐ目的で用いる化粧材の役割を果たします。

上り框は、床材と同じ材料である必要はなく、床材と異なる材種の石材や人造大理石(テラゾー)等が用いられることもあります。

戻る

簡単便利!わかりやすい『50音順・用語解説集』
あ行・か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行
タイトルとURLをコピーしました