みんなの疑問!外壁塗装に関する質問(FAQ)

よくある質問

外壁塗装に関するFAQ

外壁塗装に関する質問

外壁塗装に関するよくある質問と回答をまとめてあります。外壁塗装を検討する際にお役立てください!

外壁塗装の費用相場は、以下の通りです。
30坪で60~100万円
40坪で80~130万円
50坪で100~160万円
60坪で120~200万円
ただし、これは一般的な目安であり、実際の費用は塗装面の面積や塗料、塗装方法の違いなどによって異なります。
外壁の塗料が劣化してしまい、その結果、外壁から塗料が剥がれてしまう状態を指します。
外壁の保護が不十分なため、下地材が傷んでいき、最悪の場合、外壁自体に問題が生じる可能性があります。
外壁塗装の耐用年数は一般的に10〜20年です。ただし、新築直後の外壁材であれば、30年も持つ場合もあります。外壁塗装の物理的な耐用年数も同じく10〜20年です
外壁塗装は、サイディング工事と比べて費用を抑えることができます。
なぜなら、塗料の費用や職人の手間がサイディング工事ほどかからないからです。
ただし、外壁塗装は外壁に傷みがある場合に、補修ができないこともあります。
外壁塗装の耐用年数は一般的に10~20年が目安です。
ただし、使われる塗料や外壁材、建物の立地条件によって異なります。
例えば、ウレタン塗料は6~10年、フッ素塗料は10~20年、シリコン塗料は8~15年程度の耐用年数があります。
外壁塗装の費用が足りない場合、以下の方法を活用することで、数十万円程度の節約や無料で外壁塗装を行うことができる可能性があります。・火災保険を活用する。
・リフォームローンを活用する。
・外壁塗装の助成金・補助金を利用する。
・地域密着型の事業者に依頼する。
・相見積もりで安く依頼できる事業者を探す。
外壁塗装を怠ると、外壁は色あせやチョーキング(塗料が粉を吹く現象)、防水性の低下により雨水の浸透を招き、乾燥と収縮が繰り返されます。
紫外線の影響もあり、外壁材はひび割れが生じます。
外壁材の種類によっては、ひび割れた部分は元に戻らないことがあります。
外壁塗装を放置すると、雨漏りのリスクが高まります。
塗装によって、家全体が雨風や紫外線から保護されています。
しかし、経年劣化で塗装が剥がれると、雨水が建物内部に染み込みやすくなります。
雨漏りは建物内部の柱や土台を腐らせ、建物全体の劣化を進めてしまいます。
外壁のコーキングの劣化を放置すると、肉やせやひび割れから雨水が侵入し、家の構造材が腐る恐れがあります。
その結果、家の寿命が短くなってしまいます。
梅雨の時期は業者への受注数が減るため、提示価格が安くなり、塗装工事を安く行うことができる可能性があります。
したがって、「塗り替えをしたいけれど費用面が気になる」という人は、梅雨の時期も選択肢に入れてみることが良いでしょう。
外壁塗装以外のリフォーム方法には、塗装以外に「カバー工法(重ね張り)」と「張り替え」という2種類の方法があります。
カバー工法は、既存の外壁の上に新しい外壁材を重ねて張る方法で、重ね張りとも呼ばれます。
一方、張り替えは、既存の外壁を解体・撤去してから、新しい外壁に張り替える方法です。
DIYで外壁塗装を行う場合の費用は、大体30〜50万円になります。
道具を揃えるのには5万円、足場費が10〜20万円、そして材料費が15〜25万円ほどが必要です。
ただし、住宅の外壁面積や使用する塗料によって金額は変わります。
一般的な20〜50坪程度の住宅であれば、この金額が目安となります。
外壁塗装工事には、ふだんの生活がしにくくなることや、高額な工事費用が必要になるというデメリットがあります。
また、家の屋外で行われる作業ですので、周りの家にも配慮して工事を進める必要があります。
住宅の寿命を迎えるまで、定期的なメンテナンスを行う場合は、2〜3回の外壁塗装が可能です。
しかし、新築から時間が経過すると、あらゆる劣化症状が現れやすくなります。
そのため、2回目以降の外壁塗装では、補修費用もプラスされる可能性があります。
結論から言えば、外壁塗装は絶対に必要な工事です。
定期的な塗装を行わなければ、見た目が汚れるだけでなく、住まいの劣化が早まり、長く住むことが難しくなる可能性があります。
現時点では劣化しない外壁材は販売されていないため、やはり十数年に一度は塗装工事を行う必要があります。
お家の大切な役割を持つコーキングは、一般的にその寿命が5〜10年と言われています。
打ち替え工法は、コーキングをすべて剥がしてから新しいコーキングを充填する方法で、一般的なメンテナンス方法です。
打ち替え後のコーキングの耐用年数は7〜10年、長くて12〜15年になります。
増し打ちよりも工事費用はかかりますが、コーキングの寿命や家屋の保護を考えると経済的かもしれません。
「打ち替え」に必要な費用は、コーキング代が約900〜1,200円/m、そして既存のコーキングの撤去代が約1〜3万円です。
これがコーキングの大まかな相場の価格帯となります。
さらに、撤去代1〜3万円と足場代15〜20万円がプラスされると、全体の費用はおおよそ33〜45万円程度かかると考えられます。
外壁塗装の施工日数は一般的に7〜14日前後です。
一般的な30坪2階建ての住宅の場合、外壁塗装にかかる日数は約7〜10日ですが、外壁と屋根塗装を同時に行う場合は約10〜14日ほどかかります。
住宅の大きさが大きくなるにつれて、塗装面積や下地処理を行う面積も増えるため、作業時間も長くなります。
通常の外壁塗装の場合、3回塗りで十分です。
ただし、外壁材の劣化が激しい場合や下塗りが2回必要な場合もあります。
実際には、外壁塗装業者に点検をしてもらって、3回塗りが適切か、4回塗りが必要かを判断してもらうことになります。
外壁塗装はDIYで行うことができますが、注意が必要です。
多くの道具が必要であり、手順が複雑で、高所作業のため危険が伴います。
そのため、不安がある場合は塗装会社に依頼するのが安全です。
汚れが目立ちにくい色としては、ベージュ、アイボリー、クリームが挙げられます。
これらの色は、汚れが色と同化して目立ちにくくなります。
相見積もりは良い方法ですが、あまりに多くの業者に依頼しすぎるのは時間と手間がかかるためおすすめしません。
相場を把握し、自分に合う業者選びに役立てるには2〜3社程度での相見積もりがベストです。
外壁塗装に適した時期は、気温が一定以上で空気が乾燥している季節が望ましいです。
ただし、「気温5℃以下、湿度85%以上」という条件さえクリアできれば、一年中いつでも外壁の塗装工事は可能です。
気候が安定した春や秋だけでなく、夏や冬に塗装工事を行うメリットもあります。

あなたのリフォームプランの作成依頼今すぐ詳細をチェック!