屋根

塗料グレード

なぜ屋根や外壁の『塗り替え』が必要なのかを簡単に解説します!

家自体を安全に快適に長く保つためには、定期的に塗装を施すことしかありません。一般的には、築後10年を目安に塗り替えを実施するのが基本です。その他の方法として、今現在の外壁や屋根の劣化状況を自分でチェックして、塗り替え時期を判断する方法があります。
用語解説

【用語解説】カバー工法(かばーこうほう)とは

カバー工法とは、既存の屋根の上に、防水シート(ルーフィング)と新しい屋根材をかぶせる施工方法のことです。カバー工法は、重ね葺き、カバールーフ工法などとも言います。既存の屋根と新しい屋根の二重構造になるので…
外壁塗装をする前に

外壁塗装と屋根塗装の流れと手順をチェック!

マイホームの初めての外壁塗り替えを検討する際はご覧ください。全て業者任せでは納得のいく塗り替えは残念な結果に終わることもあります。では、どのように段取りを進めていけばいいのでしょうか?外壁塗り替えの手順と流れを最初にチェックしておくことが重要です!
用語解説

【用語解説】タスペーサー(たすぺーさー)とは

タスペーサーとは、屋根を塗装するときに、屋根材の隙間を塗料が塞がないようにするための板状の道具のことを言います。縁切りと呼ばれる…
外壁塗装をする前に

外壁塗装の塗り替え時期を先送りし続けると!?

家は柱を組みその周りを外壁材で囲います。この外壁材が紫外線や雨や風などを遮断し家自体を守る働きがあります。外壁材にも強度や耐久性などを持たせてありまあすが、残念ながらそれだけでは太刀打ちできないのが実態です。そこで、塗装が用いいられることになる訳です。
用語解説

【用語解説】破風(はふ)とは

破風とは、屋根の妻側の端の部分のことをいいます。破風に取り付けられている化粧板のことを破風板といいます。破風板は、雨が家へ吹き込むのを…
お得な申請とは

火災保険を利用して外壁塗装をする!?それは私でもできるの?

住宅の火災保険の適用範囲は火災だけではありません。火災保険は、台風、雷、水災などの自然災害にも適用されるのです。現在加入中の火災保険の種類によって対応する災害の範囲が異なりますが、これから火災保険で外壁塗装を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。
塗料グレード

外壁塗装の費用は『塗料選び』で大きく変わる!?

外壁塗装などの仕事に関わっている方以外は殆ど知ることのない内容です。外壁塗装を検討中の方は、たとえ詳しくなくとも、おおよその知識だけは持っておくことが必要です。外壁・屋根塗装には複数の塗料(グレード)があります。それぞれの特徴や金額も変わってきます。
外壁塗装の体験談

【外壁塗装・体験談】『火災保険』を利用しようと思っていたのに。。。

数ヶ月前に台風で、大きなビニールがアンテナに引っかかり倒れました。倒れたアンテナは下に落ちることはなかったものの、テレビケーブルにぶら下がりながら雨樋を壊していました。そこで私は、火災保険を利用して修理をしようと考えたのです。もし保険金が…
お得な申請とは

『戸建マイホーム』意外と知られていない、超お得な『保険金請求』とは

自然災害による損傷を受けた場合は、火災保険で保険金を受け取れるケースが多くあります。もし損傷箇所を見つけた場合は自費で修繕をする方法もありますが、まず『火災保険で保険金が受け取れるのか?』を調べてみることが得策です。ここでは簡単な便利な方法をご紹介します。