外壁塗装の費用は『塗料選び』で大きく変わる!?

塗料グレード

外壁塗装の費用は、塗料選びで大きく変わる!?

「外壁塗装の費用は塗料選びで大きく変わる!

予算に合わせた選び方のポイントとは?」

外壁塗装は、家の外観や耐久性を保つ上で重要な役割を果たしています。
しかし、外壁塗装には多くの費用がかかります。
そのため、予算に合わせて塗料を選ぶことが重要です。
実際に、塗料選びで費用が大きく変わることがあります。

まず、塗料の種類には、シリコン系塗料やフッ素系塗料など、様々な種類があります。
シリコン系塗料は、耐久性や耐候性に優れているため、比較的高価な傾向があります。
一方、フッ素系塗料は、耐汚染性に優れているため、汚れが付きにくいというメリットがありますが、こちらも比較的高価な傾向があります。

また、塗料の色によっても費用が変わります。
一般的に、白色や明るい色は比較的安価ですが、濃い色や深い色は、塗料の重ね塗りが必要となるため、費用が高くなります。

さらに、塗装する面積によっても費用が変わります。
塗装面積が大きいほど、塗料の使用量が増えるため、費用も高くなります。
一方、小さな面積であれば、比較的安価で済む場合があります。

最後に、塗料のメーカーや品質によっても費用が変わります。
高品質な塗料は、耐久性や耐候性に優れているため、長期間塗装を維持することができますが、費用が高くなる傾向があります。

以上のように、外壁塗装の費用は、塗料の種類、色、塗装面積、メーカーや品質などによって大きく変わることがあります。
予算に合わせた塗料選びを行い、長期間にわたって家を保護するための外壁塗装を行いましょう。

外壁塗装の塗料選びのポイント

外壁塗装の塗料選びについてまとめると以下の通りです。

  1. 塗料の種類には、主にアクリル系、ウレタン系、シリコン系の3種類があります。
  2. アクリル系はコストパフォーマンスが良く、塗りやすいが耐久性にやや難があります。
  3. ウレタン系は耐久性が高く、色の変化が少ないが、塗りにくい上にコストが高いです。
  4. シリコン系は耐久性・防汚性に優れ、汚れがつきにくいが、コストが高いです。
  5. 選ぶ際には、建物の種類や使用用途、地域の気候条件などを考慮し、最適な塗料を選ぶことが重要です。
  6. 塗料選びだけでなく、塗装業者の信頼性や施工品質も慎重に確認しましょう。

塗料(グレード)はどうやって選べばいいの?

外壁塗装の塗料には、グレードと呼ばれる種類があります。
グレードは、塗料の性能や価格によって分類されます。

  1. 一般グレード
    一般的な住宅に使用されるグレードで、アクリル系塗料が多く使用されます。
    比較的安価で、色のバリエーションも豊富ですが、耐久性にやや難があります。
  2. 中級グレード
    一般グレードよりも高い耐久性を持つウレタン系やシリコン系塗料が主に使用されます。
    耐候性や色の変化に強く、長期間のメンテナンスが可能です。
  3. 上級グレード
    高級住宅や公共施設などで使用されるグレードで、耐久性や防汚性に優れたシリコン系塗料が主に使用されます。
    コストが高いため、一般的な住宅にはあまり使用されません。

グレード選びのポイントとしては、建物の種類や使用用途、地域の気候条件などを考慮することが重要です。
また、グレードが高くなるほどコストも高くなるため、予算やメンテナンスの頻度なども考慮して選ぶようにしましょう。
最適な塗料グレードを選ぶことで、長期的なコスト削減や美観の維持が可能になります。

具体的な塗料グレードと特徴

外壁塗装に使用される塗料には、以下のような種類があります。

外壁塗装の塗料(グレード)を比較

  1. アクリル系塗料
    一般的な住宅の外壁塗装に使用されることが多く、コストパフォーマンスが良いのが特徴です。水性塗料なので、臭いが少なく塗りやすいです。
    しかし、耐久性にやや難があり、10年程度で再塗装が必要となる場合があります。
  2. ウレタン系塗料
    耐久性に優れ、色の変化が少ないのが特徴です。耐久性が高いため、10年以上メンテナンスが不要な場合もあります。
    しかし、塗りにくい上にコストが高いため、施工費用が高くなる場合があります。
  3. シリコン系塗料
    耐久性や防汚性に優れ、汚れがつきにくいのが特徴です。
    シリコン樹脂を使用したため、耐候性が高く、変色も少なくなります。
    しかし、コストが高く、施工費用が高くなる場合があります。
  4. フッ素系塗料
    防汚性や耐候性に優れ、色あせにくいのが特徴です。
    特に海岸地域や工場などの特殊な環境下で使用されます。
    しかし、コストが非常に高く、施工費用が高額になります。
  5. ポリウレタン系塗料
    高い耐久性と、防水性に優れた特徴があります。
    防腐・防カビ効果もあり、コンクリートの外壁に適しています。
    しかし、ウレタン系塗料と同様に、施工費用が高いです。
  6. ラジカル塗装
    ラジカル塗装は、塗料中にラジカル反応を起こすことで、外壁表面に強い付着力を持たせる塗料です。
    付着力が強く、汚れやカビに強いため、長期間メンテナンスが不要となることがあります。
    また、色調も豊富で、施工性も良好です。
  7. 光触媒塗装
    光触媒塗装は、光触媒という特殊な化学物質を塗料に添加することで、外壁表面の汚れを分解して落とす効果がある塗料です。
    特に都市部の空気中に多く含まれる窒素酸化物や有機物などの有害物質を分解する効果があります。
    また、色あせにくく、耐久性が高いのが特徴です。
  8. 無機塗装
    無機塗装は、主に鉱物などの無機物質を使用して作られた塗料で、有機物を含まないため、防腐性や耐候性が高いのが特徴です。
    特に高耐久性が求められる建物や、高温・多湿な場所に適しています。
    また、防カビ効果もあるため、湿気の多い場所にも使用されます。
    ただし、施工に専門的な知識が必要であり、コストも高くなることがあります。

以上のように、外壁塗装に使用される塗料にはそれぞれ特徴があり、建物の種類や使用用途、地域の気候条件などに応じて最適な塗料を選ぶ必要があります。

まとめ

外壁塗装の塗料を選ぶ際には、以下のようなポイントに注目することが大切です。

  1. 塗料の種類
    塗料には、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料など種類があります。
    建物の素材や用途に応じて、適した種類を選びましょう。
  2. 耐久性
    耐候性や耐水性、耐久性など、建物の使用環境に適した塗料を選ぶことが重要です。
    また、汚れやカビに強い塗料もあるため、メンテナンスの負担を軽減するためにも、耐久性に注目しましょう。
  3. 色調
    塗料の色調は、建物の外観を大きく左右します。
    建物のイメージに合わせた色調を選ぶことで、美しく仕上げることができます。
  4. 施工性
    塗料の施工性も重要なポイントです。
    塗料の粘度や乾燥時間、塗り重ね回数などを確認し、施工の負担が少なく、きれいに仕上がる塗料を選びましょう。
  5. コスト
    塗料の種類やブランドによって、価格に差があります。適正な価格帯で、建物に適した塗料を選びましょう。

以上のポイントに基づき、建物の状況や使用環境に合わせて、適切な塗料を選ぶことが、美しい外観と長持ちする塗装の実現につながります。
また、塗装業者に相談することで、専門的なアドバイスを受けることもできます。

あなたのリフォームプランの作成依頼

リフォームプラン、お見積もり、アイデア&アドバイスがもらえる


👉 塗り替えJP…HOME

外壁塗装の塗料選び・・・『艶あり』vs『艶なし』編
外壁塗装の塗料選び、気になるのが『艶あり』か『艶なし』の問題ではないでしょうか?艶の有無や艶加減で見た目の印象がだいぶ変わって見えることから、気にすれば気にするほど迷ってしまうことも多いようです。では、どのように選べば良いのでしょうか!?見た目以外にも気にする点はあるのか?
外壁塗装の塗り替え時期を先送りし続けると!?
家は柱を組みその周りを外壁材で囲います。この外壁材が紫外線や雨や風などを遮断し家自体を守る働きがあります。外壁材にも強度や耐久性などを持たせてありまあすが、残念ながらそれだけでは太刀打ちできないのが実態です。そこで、塗装が用いいられることになる訳です。