外壁塗装と屋根塗装の流れと手順をチェック!

外壁塗装をする前に

塗り替えJP

外壁塗装と屋根塗装をご検討の方はご覧ください

マイホームの外壁塗装は、美しさと耐久性を保つために定期的に行うことが重要です。
通常、外壁塗装を考え始めるのは築後10年を過ぎた頃が多いと言われており、塗り替えを検討する理由には、経年劣化や美観の維持などが挙げられます。

塗り替えを行う理由

外壁塗装を行う理由としては以下が一般的です。

塗り替え時期のサイン

  • 経年劣化による劣化や傷みの修復
  • 外壁の色褪せや汚れの除去
  • 美観や価値を維持するため
  • 塗装の剥がれ(はがれ)が気になる。
  • クラック(ひび)が気になる。
  • シーリング(コーキング)の痩せやひび割れが気になる。
  • チョーキング(チョークかすのような白い粉)が気になる。
  • 防水性能の向上による建物の保護
  • 断熱性能の向上による省エネ効果
  • ご近所さんの塗り替えが増えてきた。
  • 塗装業者の飛び込み営業が頻繁に来るようになってきた。

一般的な外壁塗装の理由と同様に、自分の家が塗り替え時期であるかを確認することが重要です。
自宅の外壁や屋根に劣化や傷み、色褪せや汚れがある場合は、早めの対処が必要です。

しかし、多くの人が塗り替えを先延ばしにしてしまうことがあります。
このような場合は、外壁や屋根の状態をしっかりとチェックし、塗装業者に相談することが重要です。
また、予算や施工期間などを考慮して、計画的に塗り替え作業を進めることが大切です。

外壁塗装の塗り替え時期を見極める

外壁塗装の塗り替え時期を見極めるためには、以下のポイントをチェックすることが重要です。

  1. 外壁の劣化や傷み
    外壁にひび割れや剥がれ、腐食などの傷みがある場合は、早めの塗り替えが必要です。
    特に、木製外壁は、腐食や虫害に弱いため、傷みが進む前に塗り替えることが重要です。
  2. 外壁の色褪せや汚れ
    外壁の色が褪せてきたり、汚れが目立ってきた場合も、塗り替え時期が近いサインです。
    塗装が剥がれた箇所には、汚れやカビが付きやすく、外観の美しさや耐久性にも影響を与えるため、早めの対処が必要です。
  3. 屋根の状態
    屋根に傷みや汚れがある場合は、外壁と同様に早めの塗り替えが必要です。
    屋根の塗り替えは、外壁よりも高度な技術が必要となるため、専門の業者に依頼することが望ましいです。
  4. 塗り替えからの経過年数
    一般的に、外壁塗装の塗り替え周期は10年程度とされています。
    外壁の材質や地域の気候条件によって異なりますが、経過年数を確認し、定期的なチェックを行うことが重要です。

これらのポイントを確認し、外壁の状態を定期的にチェックすることで、適切なタイミングでの塗り替えを行うことができます。

初めての塗り替えで失敗しないために

初めての外壁塗装の塗り替えにおいて失敗しないためには、以下のポイントを抑えておくことが重要です。

  1. 塗装業者の選定
    信頼できる塗装業者を選ぶことが重要です。
    業者選びにおいては、事前に複数の業者の見積もりを比較することが大切です。
    また、業者の実績や口コミなども確認しておくことが望ましいです。
  2. 塗料の選定
    塗料の種類によって、外壁の色合いや耐久性、塗装費用などが異なります。
    自分の希望や予算に合った塗料を選ぶことが大切です。
    また、塗料の種類によっては、施工工程や乾燥時間などが異なるため、事前に確認しておくことが望ましいです。
  3. 施工前の下準備
    塗り替え前に、外壁の洗浄や修復、コーキングの打ち替えなど、下準備が必要です。
    これらの工程を怠ると、塗装が剥がれたり、劣化が早まったりする原因になります。
    業者に依頼する場合は、下準備の内容を確認しておくことが望ましいです。
  4. 施工中の確認
    施工中には、業者が作業を行っている状況を定期的に確認することが重要です。
    特に、塗料の厚みや塗り残しの確認をしっかり行うことが望ましいです。
  5. 施工後のアフターケア
    塗り替えが完了した後も、定期的なメンテナンスが必要です。
    汚れが目立った場合は、早めの洗浄を行うことで、外壁の美しさや耐久性を保つことができます。

これらのポイントを抑えておくことで、初めての外壁塗装の塗り替えでも失敗することなく、長期間にわたって美しい外観と耐久性を維持することができます。

塗装業者に依頼する際の流れ

外壁塗装を塗装業者に依頼する際の一般的な流れは以下の通りです。

  1. 見積もり依頼
    最初に、塗装業者に外壁塗装の見積もりを依頼します。
    現地調査が必要な場合は、業者に来てもらって建物の状態を確認し、見積もりを出してもらいます。
  2. 見積もり比較
    複数の業者から見積もりをもらい、それらを比較します。
    ただし、安い見積もりばかりを選ぶのではなく、業者の信頼性や技術力、施工内容などを考慮して選ぶようにしましょう。
  3. 契約締結
    業者を選んだら、契約書を交わします。
    契約書には、塗装工事の内容や期間、価格、保証内容などが明記されます。
    契約書を交わす前に、必ず内容を確認しましょう。
  4. 施工準備
    契約が成立したら、業者が施工に必要な準備をします。
    建物の外壁の汚れやカビ、コーキングの補修などを行います。
  5. 外壁塗装
    施工準備が完了したら、いよいよ外壁塗装を行います。
    施工中には、工事の進捗状況を確認したり、不安な点があれば遠慮なく業者に相談するようにしましょう。
  6. 完了検査
    外壁塗装が完了したら、業者と一緒に建物の外観を確認し、仕上がりに問題がないか検査します。
  7. 支払い
    外壁塗装が完了したら、契約書に記載された価格に従い、業者に支払いを行います。

以上が一般的な外壁塗装の依頼から完了までの流れです。
塗装業者によっては、手順が異なる場合もありますので、依頼前に業者の流れを確認することをおすすめします。

塗装業者に見積依頼をするなら

外壁塗装の見積もりを依頼する際に、複数の業者から見積もりを取ることが大切です。
複数の業者から見積もりを取ることで、適正価格を知ることができ、優良な業者を選ぶことができます。

しかし、複数の業者に見積もりを依頼するのは手間がかかりますし、正確な見積もりを得るためには、建物の状態や塗装する範囲などを詳細に伝える必要があります。
このような場合、一括見積もりサイトを利用することで手間と時間を節約しつつ、複数の業者に一度に見積もり依頼ができ、比較検討がしやすくなります。

一括見積もりサイトを利用する場合でも、信頼できるサイトを選ぶことが重要です。
また、個人情報の取り扱いにも注意が必要です。

最後に、一括見積もりサイトを利用する際には、無料であること、優良な業者を選ぶために口コミ評価を確認すること、見積もり内容を比較することがポイントです。

あなたのリフォームプランの作成依頼リフォームプラン3stepかんたん作成依頼