業者

業者の選び方関連

【重要】心ない残念な塗装業者を選ばないために

初めての外壁塗装の塗り替えは情報も知識も少ない中でウェブサイトをみてまわるので正直退屈な作業かもしれません。良い業者を見つけるためには、良い業者を探すより、心ない残念な業者を選ばないようにすることが良い業者に気づきやすくなる方法となります。具体的には、
外壁塗装の体験談

【外壁塗装・体験談】『高圧洗浄は高圧ですから!?』。ふざけるな!!

『明日までこのままでいろと言うのか!』そして私は電話を叩き切りました。翌日、塗装業者さんに『今回の塗装工事の件は全てキャンセルだ!全てあなたのせいだ!!』そう言い放ちました。 すると流石に業者さんも慌てていました。その後に、やっと謝罪がありました。
外壁塗装の体験談

【外壁塗装・体験談】結局、『逃げ切ろうとしてたんじゃないの!?』

外壁塗装と屋根塗装が終了し、引き渡し最終確認が行われた時のことです。業者さんと一緒に足場に登りながら、屋根から外壁へと順番に見てまわりました。一箇所だけ塗料の飛び散りがあったのですが、それはすぐに修正してくれました。っと、ここまでは良かったのですが
外壁塗装をする前に

塗り替え時期は自分で確認!なるほど『7つ』のチェックポイント

我が家と築年数が同じようなご近所さんが、外壁の塗り替え工事を行なったりすると『ウチもそろそろ塗り替えた方が良いのかな?』と焦ってしまうこともあるでしょう。以下に自分で確認できる『塗り替え時期のチェックポイント』を挙げて参りますので参考にしてみてください。
業者の選び方関連

【外壁塗装】その値引きが『手抜き作業』を引き起こすかも!?

複数の見積りが手元に集まると、ついつい価格が最大の選定基準になってしまうことがよくあります。これは至極当然のことなのですが、このように価格の安さで業者さんを選んで失敗する方が多いのをご存知でしょうか?では、『なぜ失敗してしまうのか?』を説明していきましょう。
塗料グレード

なぜ屋根や外壁の『塗り替え』が必要なのかを簡単に解説します!

家自体を安全に快適に長く保つためには、定期的に塗装を施すことしかありません。一般的には、築後10年を目安に塗り替えを実施するのが基本です。その他の方法として、今現在の外壁や屋根の劣化状況を自分でチェックして、塗り替え時期を判断する方法があります。
外壁塗装の体験談

【外壁塗装・体験談】見積りには『付帯部塗装』と記載してあったのに。

見積りには『付帯部塗装』と書かれていました。当然ですが契約書にもそう記載されていました。しかし、実際の作業が完成するとがっかりしました。換気フードが塗られていなかったのです。換気フードは部屋やトイレやキッチンなど合計で15個あるのですが全て未塗装でした。
業者の選び方関連

悪質な塗装業者の手口とは?!外壁塗装、知識不足が不幸の始まり

悪徳業者は、あなたの知識的な弱点を探り、喋り方や動作や仕草などから攻め入るチャンスを伺っています。・・・このような人は悪徳業者に狙われやすい特徴があると言えます。悪徳業者は、このような人が玄関ドアを開けて出てくるのを楽しみにしています。
外壁塗装の体験談

【外壁塗装・体験談】『値引き額』に、ついお得感を感じてしまったのが。。。

最初は2〜3社の見積りを取って『じっくり』検討しようと思っていました。ところが、最初に見積り依頼をした業者さんの押しが強く、結果的に他の業者に見積もり依頼することなく、その業者さんと契約してしまったのです。その時の私は、見積り相場なんて当然ですが知りませんでしたから。
外壁塗装をする前に

必ず行う!外壁劣化調査で業者の信用性を確かめる!

外装の劣化状況を把握することは重要なことです。外装の劣化状況により作業内容を調整していくためです。外壁劣化調査診断は、業者側からすれば作業の必然性を示す根拠になります。作業を依頼する側からすれば、『なるほど』と作業の必然性を認識する理由になります。
タイトルとURLをコピーしました