外壁塗装の塗料選び・・・『艶あり』vs『艶なし』編

塗料グレード

外壁塗装の塗料選び・艶ありか艶なしか

外壁塗装における塗料選びの重要性とポイント

『艶なし』と『艶あり』で迷ったら

外壁塗装において、艶の有無や艶の加減は見た目の印象を大きく左右するため、塗料選びにおいても重要なポイントの一つです。
しかし、艶の有無だけでなく、他にも気にすべき点があります。

まず、艶ありと艶なしの違いですが、艶ありの方が光沢感があり、洗練された印象を与えます。
一方で、艶なしは自然な印象を与え、建物全体が地味になりすぎず、落ち着いた雰囲気を与えます。
どちらを選ぶかは、建物の用途や周辺環境などによって異なります。
例えば、商業施設や高級住宅の場合は艶ありが好まれますが、住宅街の中にある一般住宅の場合は艶なしの方が適している場合が多いです。

また、見た目以外にも、塗料の耐久性や防汚性、施工性なども重要なポイントです。
耐久性や防汚性に優れた塗料を選ぶことで、長期的なメンテナンスの負担を減らすことができます。
また、施工性に優れた塗料を選ぶことで、施工期間や費用を抑えることができます。

以上のように、外壁塗装の塗料選びにおいては、見た目だけでなく、耐久性や防汚性、施工性などにも注目することが大切です。
建物の用途や周辺環境に合わせて、適切な塗料を選ぶことで、長期的なメンテナンスや美観の維持につながります。

外壁塗装の艶加減は5段階!

外壁塗装の艶加減は、一般的に次の5段階に分けられます。

👉 艶加減の5段階

艶加減の5段階

  1. 艶あり … 光の反射率 70%以上
  2. 7分艶 … 光の反射率 55〜65%
  3. 5分艶 … 光の反射率 30〜40%
  4. 3分艶 … 光の反射率 10〜20%
  5. 艶なし … 光の反射率 5%以下

※ 塗料によっては『艶あり』・『艶なし』の設定がないものもあります。
また、5段階全ての艶設定がない塗料もあります。

艶加減の選び方は?

艶加減の選び方について、以下のポイントがあります。

  1. 経年劣化による艶感の薄れを気にする場合は、『艶なし』を選ぶことが望ましい。
  2. 適度な艶感を持ち、経年劣化による影響をあまり気にしない場合は、『3分艶』や『5分艶』を選ぶことが良いでしょう。
  3. 塗装業者が勧める『3分艶』や『5分艶』は、経年劣化による艶感の薄れを考慮しているため、適度な艶感を持ち、持続的な満足度が高いとされています。
  4. 最終的な選択は、個人の好みや使用目的に応じて行うことが重要です。塗装業者に相談して、適切なアドバイスを受けることも大切です。

艶

艶加減による性能の違いはあるの?

外壁塗装の艶加減によって、以下のような性能や機能に違いがある場合があります。

  1. 耐久性
    艶なしやマットなどの艶が少ない塗料は、汚れやカビなどの付着を防ぎやすく、耐久性が高いとされています。
    一方、艶ありの塗料は、表面が滑らかであるために、汚れが付きにくいという特性があります。
  2. 防汚性
    艶なしやマットなどの艶が少ない塗料は、表面が粗く、汚れが付きにくいため、防汚性が高いとされています。
    また、艶ありの塗料は、表面が滑らかであるために、汚れが付きにくいという特性があります。
  3. 撥水性
    艶がある塗料は、表面が滑らかであるため、水滴が弾いて落ちやすく、撥水性が高いとされています。
  4. 保温性
    外壁塗装には、保温効果があるものもあります。
    この場合、塗料の色や艶加減が保温性に影響する場合があります。
    たとえば、明るい色や艶のある塗料は、太陽光を反射して建物内部の温度上昇を抑えることができます。
  5. 視覚的な効果
    外壁塗装の艶加減は、建物の外観にも大きな影響を与えます。
    艶なしの塗料は、落ち着いた印象を与え、マットな塗料は、シックで上品な印象を与えます。
    一方、艶ありの塗料は、光沢があるため、明るく華やかな印象を与えます。
    また、光の反射によって、建物がより美しく見える効果もあります。
  6. 施工時の注意点
    外壁塗装の艶加減によって、施工時に注意が必要な点もあります。
    たとえば、艶ありの塗料は、塗りムラや垂れを目立たせやすく、仕上がりに影響することがあります。
    また、艶なしの塗料は、カビや汚れが付きやすいため、塗装前に表面をしっかりと洗浄することが必要です。
  7. コスト
    外壁塗装の艶加減によって、価格も異なる場合があります。
    一般的に、艶なしやマットなどの艶が少ない塗料は、比較的低価格である場合が多いです。
    一方、艶ありの塗料は、光沢感があり高級感があるため、価格が高くなる傾向があります。

以上のように、外壁塗装の艶加減には、性能や機能、外観効果、施工時の注意点、コストなど、様々な観点があります。
建物の特性や用途、予算などを考慮して、最適な艶加減を選ぶことが重要です。
また、適切な塗料を選ぶことで、建物の寿命を延ばし、美観を保つことができます。

(参考:外壁塗装の費用は『塗料選び』で大きく変わる!?

お好みの『艶』調整もできます。しかし、ご注意を!

外壁塗装の艶加減については、一般的に3分艶、5分艶、7分艶、艶あり、艶なしなど、いくつかの標準的な艶加減が存在します。
しかし、専門業者に相談すれば、お客様の要望に合わせてカスタマイズすることも可能です。

たとえば、お客様が艶ありの塗料を希望しているが、光沢が強すぎると感じる場合は、艶の強さを調整することができます。
また、逆に艶なしの塗料であっても、やや艶がある程度の仕上がりにすることもできます。

ただし、カスタマイズによっては、施工による耐久性や仕上がりに影響がある場合があるため、専門業者のアドバイスを受けながら、最適な艶加減を選ぶことが重要です。
また、カスタマイズによっては追加料金が発生する場合があるため、事前に相談しておくことが望ましいです。

撹拌

まとめ

外壁塗装の塗料選びにおいて、艶の有無や加減は見た目の印象を大きく左右するため、重要なポイントです。
艶ありは光沢感があり、洗練された印象を与えますが、艶なしは自然な印象を与え、地味になりすぎず落ち着いた雰囲気を与えます。
建物の用途や周辺環境によって選び方が異なり、商業施設や高級住宅では艶ありが好まれ、一般住宅の場合は艶なしの方が適しています。

ただし、見た目だけでなく、耐久性や防汚性、施工性も重要なポイントです。
耐久性や防汚性に優れた塗料を選ぶことで、長期的なメンテナンスの負担を減らすことができます。
施工性に優れた塗料を選ぶことで、施工期間や費用を抑えることができます。
適切な塗料を選ぶことで、美観の維持や長期的なメンテナンスにつながります。
建物の用途や周辺環境に合わせて、塗料選びをすることが大切です。

あなたのリフォームプランの作成依頼

リフォームプラン、お見積もり、アイデア&アドバイスがもらえる


👉 塗り替えJP…HOME

【初めての外壁塗装】見積りがまだなら、今すぐ無料で一括見積り!
外壁塗装はトラブルの多いリフォームです。よく調べず適当な塗装業者に足を運ぶのは得策とは言えません。初めて外壁塗装をするなら、厳しい基準を満たす全国の優良業者のみが加盟する一括見積りサービスが安心、お得な外壁塗装を実現する最短距離になります。
【外壁塗装の超速かんたんネット見積り比較】優良業者を無料でご紹介
外壁塗装は、安心・納得の無料一括見積りからスタート。ご希望に合わせて優良業者を無料でご紹介いたします。業者選びで迷っている、失敗したくないと考えているあなたはカンタン無料一括見積りから初めてください!より具体的な検討をするためのカンタン準備です。